スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

S.I.C. 極魂 デンライナー デラックスセット ウラタロス レビュー

012_ura_01.jpg
S.I.C. 極魂 デンライナー デラックスセット ウラタロス レビュー
続きは↓または画像をクリック


バンダイ
魂ウェブ商店にて 2010年9月28日~11月10日まで受注
2011年1月頃発送
定価 8925円
購入金額 定価+送料+代引き手数料 計9765円

012_ura_02.jpg

012_ura_03.jpg
パッケージ
今までと違い、デンライナーをイメージしたようなデザイン
横幅が45cm近くあり、重さも1kg越えと色々とDX級

012_ura_04.jpg
比較として極魂モモタロスと、大きさが伝わるでしょうか

012_ura_05.jpg
セット一覧
イマジン物らしく?小物が充実しています

今回はこの中から『ウラタロス』をレビュー


012_ura_06.jpg
セット一覧

ぐるっと
012_ura_07.jpg
012_ura_08.jpg
ウラタロス
モモタロスの次に仲間になった海亀のイマジン
本家では全身の装甲はクリアパーツで表現されていましたが
極魂モモタロスと合わせたのか胸部と肩のみとなりました
ちなみにウラタロスが風呂に入ると出汁が出るとか出ないとか

可動範囲
012_ura_09.jpg
腕は肩パッドが干渉して斜め前に突き出す形になってしまいますが一応水平に

012_ura_10.jpg
ちなみに肩パッドはこんな風に動いて
干渉するのを少しだけ防いでいます

012_ura_11.jpg
開脚はモモタロスと同程度、腰の可動は↑が限界と狭め

各部アップ
012_ura_12.jpg
012_ura_13.jpg
本家ではなんというかキャラクター性が出ていた造形でしたが
極魂はどこかキリッっとした顔つき

012_ura_14.jpg
胸部はイマジンの特徴でもある黒い縁取り?も再現されていますが表面だけ
ウラタロスの宿命か、背中側はまったく無し
いやこれはこれでクリアで綺麗なんですけど
値段のことを考えると、もうちょっとだけ頑張って欲しかったかな

012_ura_15.jpg
あともう一つ、細かいところなんですが胸の「URA」を模した部分の一番端が
モールドはあるのに何故か塗装されていなく「URO」になっています

012_ura_16.jpg
脚等の縁取りは丁寧に施されており、青のメタリック塗装と相まって良い感じ

012_ura_17.jpg
それと今回はセットだからか足裏の刻印がありません

オプション紹介
012_ura_18.jpg
オプションハンドは4種 (握り手、平手、右持ち手、コーヒーカップ用右持ち手)
コーヒーカップ用のは小指が立っていたりと、なかなか凝っています

012_ura_19.jpg
ウラタロッド
映画で初登場したウラタロス用の棒、槍?
プラ製なのでへにゃってならないので安心

012_ura_20.jpg
コーヒーカップ&ソーサー
カップは7mmほどしかないので紛失注意

012_ura_21.jpg
コーヒーブレイク♪
カップは専用の持ち手を、ソーサーは平手で保持します

012_ura_22.jpg
プレート
「ナンパしません」と書かれたプレート
軟質素材なのである程度の自由はききそう

同じDXセットにモモタロス用も入っているので
012_ura_23.jpg
こんな感じで仲良く?反省させることが出来ます


以下適当に
012_ura_24.jpg
『僕に釣られてみる?』
一応ボールジョイントになっていますが
あまり手首を外に向けられないのがツライ

012_ura_25.jpg
あちゃー って感じに

012_ura_26.jpg
意外にウラタロスっぽいポーズって難しい気がする

012_ura_27.jpg
LOVE

012_ura_28.jpg
ウラタロッドを使って

012_ura_29.jpg

012_ura_30.jpg

012_ura_31.jpg

012_ura_32.jpg

012_ura_33.jpg
なんかラスボスっぽい……

012_ura_34.jpg

012_ura_35.jpg
やっぱりウラタロスっぽいポーズは難しい

012_ura_36.jpg
釣りっぽく

012_ura_37.jpg
サッ

012_ura_38.jpg
ザザッ

最後にもう1度
012_ura_39.jpg
お前、僕に釣られてみる?



ってことで『S.I.C. 極魂 デンライナー デラックスセット ウラタロス』でした

背中塗装の省略、可動のためとはいえ肩のゴツさ
カップは専用の持ち手が付いているものの
その小ささゆえか、イマイチ保持力に欠けていたりと不満が無いというのは嘘になりますが
極魂の中では標準以上の可動
モモタロスと違い、沈んだ感じになっていないクリアパーツやメタリック塗装
さらには付属品の多さと、ウラタロス単体で見ると十分な出来
が、どうしても値段のことを考えてしまい、評価が下がりがちというのは
なんだか不幸な感じ

とはいえメイン4人の中で一番好きなウラタロスが
こういう形であれ発売されたというのは素直に嬉しいです

コメントの投稿

非公開コメント

最新レビュー
プロフィール

ミセワカ

Author:ミセワカ
不定期更新

チョウブン ガ カケナイ

FC2カウンター
最新記事
リンク
レビュー
カテゴリ
月別アーカイブ(年括り)
最新コメント
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。