スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HMM カノントータス レビュー

002_ckame_01.jpg
HMM カノントータス レビュー
続きは↓または画像をクリック

002_ckame_02.jpg
箱絵

002_ckame_03.jpg
セット一覧
オプションが無かったのでシールもいっしょに

ぐるっと
002_ckame_04.jpg
002_ckame_05.jpg
002_ckame_06.jpg
002_ckame_07.jpg
002_ckame_08.jpg
RMZ-27 カノントータス カメ型
HMM化されるにあたって前足が大きくなり、ワイルドに
HMM化の特徴の細かいモールドが随所に入っていますが
甲羅部分だけを見ると、数としては本家の方が多い印象があります
ですが、いつものウインカー&シリンダーを始めとしたディテールの追加
実際の戦車を取り入れたアレンジで、より砲撃戦用としてパワーアップしています
個人的には本家よりこっちの方が好みかな


さて、武装紹介
002_ckame_09.jpg
780mm榴弾砲 (液冷式荷電粒子ビーム砲)
カノントータスと言ったらこれっていう武器ですね
説明書によると中型ゾイドを一撃で沈めることができる威力とか

002_ckame_10.jpg
液冷式2連装高速自動キャノン砲
接近、対空戦で自機の防衛に使用、ビームの長さをコントロールして連続射撃も可能

002_ckame_11.jpg
赤外線投光器
確か本家には四角いディテールがありましたが、これはHMMオリジナルなはず

002_ckame_12.jpg
複合センサーユニット
熱、光、音と全ての情報をキャッチし管制システムへ伝達、味方への誤射をせず長距離精密射撃を行う
と、何気にすごいセンサー
右下にあるハッチは残念ながら開かず

002_ckame_13.jpg
反動制御用スパイク
射撃時に機体を安定させるスパイクとして使用、いわば5本目の足として機能する
また、同型機の口部分のジョイントが接合する連結部としても機能する
002_ckame_14.jpg
グサッと

002_ckame_15.jpg
胴体側面ハッチ
タラップも兼ねたハッチ、貨物の搭載、乗務員の昇降ができる
本家では後ろ部分にあったハッチがHMMでは横に

002_ckame_16.jpg
上から 両サイド開閉可能
センサーが無いのはスルーで

002_ckame_17.jpg
中を覗くとゾイドコアが
中には最大12名が乗れたりと、ちょっとした輸送機の面も

で、ゾイドコアの取り出し方、ひっくり返して……
002_ckame_18.jpg
中央の丸モールドを9時の方向に回すと

002_ckame_19.jpg
このように取れます
ちなみに2つ上の画像の様にひっくり返すと、センサーが下に当たって曲がったりするので注意

上で触れ忘れていましたが
002_ckame_20.jpg
002_ckame_21.jpg
主砲は45度ほど上下

002_ckame_22.jpg
002_ckame_23.jpg
砲塔部は360度旋回が可能です

この砲塔部分は
002_ckame_24.jpg
002_ckame_25.jpg
と、取り外すことが可能

002_ckame_26.jpg
顔アップ
いつものように額にセンサーが追加

002_ckame_27.jpg
キャノピーを開けるとおなじみのパイロットさんが

さらに個人的に一番のギミック
002_ckame_28.jpg
002_ckame_29.jpg
と、HMMでは口が追加
合わない人もいるようですが、これはナイスアレンジかと

説明書によると、この口は格闘用ではなく
002_ckame_30.jpg
このように尻尾と接続するためにあるんだとか


002_ckame_31.jpg
ちなみに首は無駄に180度ほど可動したり

002_ckame_32.jpg
002_ckame_33.jpg
本家でもあった首を引っ込めることも、もちろん可能

この首を引っ込めるのを利用して
002_ckame_34.jpg
水中潜行モードに
HMMオリジナルのモードですが、なんか動くから適当にでっち上げた気が……
それに実際の亀って首を伸ばしながら泳いでいるイメージがあります


002_ckame_35.jpg
それと、さっきから何気なく付いてるこの板

これは
002_ckame_36.jpg
足の裏のパーツなんですが、消耗が激しい為の予備パーツで、追加装甲の役割も果たすのだとか
聞いたところによると、実際の戦車を参考にしたっぽい

002_ckame_37.jpg
余談ですが、説明書では左のように取りつけろと指示があるのですが
中央のラジエーターの様な所に引っかかって、若干浮いてしまいます
右の様に反対に付ければ干渉しないのですが、説明書等のミスなのか仕様なのかは不明


このカノントータスは、同シリーズのコマンドウルフの様にクリアパーツが2種類入っているのですが
002_ckame_38.jpg
このようにキャノピーをオレンジにすることが可能
一気に明るいイメージになります
ただし、オレンジにできるってことが公式サイトや箱、説明書にまでも書いていないってのは
商売的にどうなんだ?と思います

以下適当に
002_ckame_39.jpg
頑張って足&シリンダーを塗ったのに、ほとんど見えなかったので大きいサイズで

002_ckame_40.jpg
個人的な泳ぎイメージ

002_ckame_41.jpg
踏みつけ

002_ckame_42.jpg
撃てえぇ

最後にキメ
002_ckame_43.jpg



ってことで『HMM カノントータス』でした

可動化しても、たいして動かせそうな所が無いからコトブキヤからは出ることは無いだろう
と個人的には思ってたカノントータス しかしまさかの製品化
いや大好きだけど、なんで?CPあるから?と思いましたが
説明書でプロジェクトX並みに熱く語られているのを読んで納得
どんだけ愛されているんだとと

上で書いた通り、個人的に大好きなゾイドですので、多少色眼鏡で見ている部分があるかもしれませんが
HMMの中で1番の重量感、そしてかわいさがあり、亀っぽさ、そして戦車っぽさがアップ
さらに、気になる所は前足の装甲が外れやすい所と、センサーの取り扱いに注意が必要なぐらいなのもグット
値段もHMMでは安い方ですし、かなりオススメできる内容だと思います

コメントの投稿

非公開コメント

最新レビュー
プロフィール

ミセワカ

Author:ミセワカ
不定期更新

チョウブン ガ カケナイ

FC2カウンター
最新記事
リンク
レビュー
カテゴリ
月別アーカイブ(年括り)
最新コメント
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。